勘と雰囲気で投資するブログ

転職して孤独を抱える30代男の暇つぶし投資日記。

ポートフォリオ/2018年8月

現時点でのポートフォリオを公開する。

高配当を集めたらこうなった。


でもやっぱりタバコ株が多いので年内でいいタイミングがあれば売却するつもりだ。
俺は以前たばこを吸っていたが、周りから煙臭いとウザがられるので現在は吸っていない。意外と禁煙してもどうにかなっている。
それにしても世の嫌煙思想には困ったものだ。確かにマナーの悪い喫煙者もいるが礼節をわきまえて吸っている人もいるってことも分かってほしかったな。しかも高額な税金を払って。国内だけで年間2兆円の税収だぞ。全員いきなり禁煙したらどうなると思っているんじゃボケェ!
とまぁ多勢に無勢というか、いくらタバコのプラス面を主張したところで逆に袋叩きにされるからこれ以上は何も言わない。
こんな現実もあってタバコ株を手放すことにした。


問題はIBMだ。
永遠の不発弾とか言われているが、職場でもその名前を知らない人はいないし、これまでの実績と高い配当率を考えれば保有もありだなと思って購入した。
何より(旧)職場のシステム管理に使われていたという事実が購入を後押しした。
が、ダメ。
全然ダメ。
一時期の含み損には吐き気がした。直近の決算は良かったものの、今後いつまた含み損になるかと思うとやっぱり吐き気がする。
少なくともIBMを保有することは自分の精神衛生上良くないことは確かだ。
だから売る。



投資方針は永久保有できそうな銘柄を均等保有し債券ETFであるBNDで分配金を受け取りつつ暴落時の歯止めを作っておく。このBNDの割合を最低でも現在の8%から25%まで上げたい。少しはクッションになってくれるだろう。やっぱり暴落は怖いからね。あと、なるべく高配当なのがいいかな。株式の時価評価額はあくまで評価額であって実際の利益ではないし、定期的な利益確定の手段として配当金は心に安定をもたらしてくれる。今はまだ銘柄選定を何となくしている状態だが、色々な株と付き合ってみてコレだ!と思える銘柄を見つけたいと思う。

今欲しいのはGOOGLだ。
時代はIoTの時代に突入し、情報の絶対量は爆発的に増大する。それをどう活かすかが今後のIT業界に問われており、その最前線にグーグルは居ると思うからだ。
人々が日々何かしらの検索をグーグルで検索し、物を買ったりサービスを利用したりしていて、それらの情報が止めどなく流れ込んでいる。
巷ではAIが何かと話題に挙がっているが、そのAIを形作るのは大量の良質な情報だ。その源泉をすでに手にしているグーグルはもはや手が付けられない存在になるだろう。
正直怖い気もするが、そう思っていても何も解決しないのでとりあえず株主くらいにはなっておいても良いのではないか。


そういえばハンター×ハンターでマフィアのボスが言ってた言葉にこんなのがある。
この世で一番重要なものは情報で、究極の情報は「未来の情報」なんだと。
グーグルなら過去にもたらされた膨大な情報から未来をある程度予測できるんじゃないかと。そしてその未来の情報を武器に世界を変えるのではないかと期待している。


漫画とはいえマフィアのボスの言葉に感化されるなんて末期かな。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。