勘と雰囲気で投資するブログ

転職して孤独を抱える30代男の暇つぶし投資日記。

【MSFT】エクサバイトの時代へ

保有株の一つであるマイクロソフトの事を調べていたら、ワシントン大学のホームページに面白い記事が載っていた。



DNAストレージの話題なんだが、どうやらマイクロソフトと共同研究をしているらしい。
気になったのは記事の本筋ではなく前置きの部分だ。
「DNAは大容量の記録媒体として有用であり、理論的に立方ミリメートルあたり1エクサバイト(EB)の情報を書き込むことができる」と書いてある(雑な意訳で申し訳ない)。


話はそれるが、ほんの数カ月ほど前、とある電気店の外付けHDDコーナーで8テラバイト(TB)の製品が置いてあるのを見て「とうとうここまで来たか」と感慨深いものを感じた。
俺の場合15年くらい前に大学入学を機にパソコンというものに触れるようになったわけだが、当時のPCのハードディスク容量は1ギガバイト(GB)くらいだった気がする。


8TBでもすごいと思ったのに1EB。
・・・・・・( ゜д゜)ポカーン
ペタバイト(PB)を飛び越えてしまった。
どんまいペタバイト君。


ちなみに1EB=1,000,000TBである。
それが砂粒一個分ほどの範囲に収まるってことだ。
すごくね?


この辺の話は2017年3月にコロンビア大学(執筆当時)のErlichらがScience誌で発表しているので解読したら記事にしようと思う。
ちなみにErlichラボのホームページ(http://dnafountain.teamerlich.org/)には、DNAに保存されたOS情報を読み出し、仮想マシン上にインストールしてマインスイーパで遊ぶところまでが動画として公開されている。


DNAはデオキシリボ核酸の略で、アデニン(A)、グアニン(G)、シトシン(C)、チミン(T)の四種の塩基から構成されている。
ワトソンとクリックが発見した例の二重らせんだ。
これらのAGCT配列をコンピュータでいうところの0と1に変換して読み取るらしい。


意味不明だ。


しかも数千年単位で無傷のまま保管できるという驚異の堅牢性を有している。


もっとも、いい事ばかりではない。
書き込み時間はDNA合成反応を用いるのでどうしても遅い。
それにかかる費用がヤバいらしい。


ためしにDNA受託合成大手のタカラバイオに40個の塩基からなるDNA合成を委託したとしよう。
1mer(塩基1個ぶん)あたり180円なので180×40=7200円
そんなに高いか?と思うかもしれないが、マイクロソフトの実験では200メガバイトの容量に対し15億個の塩基が使われており、タカラバイオ基準で単純計算すると、
15億×180=2700億円という事になる。
もっとも、米国のあるDNA関連会社では1merあたり10セント(約11円)で実現可能だという。
これならば165億円だ。
さらに、理論的には1merあたり0.4セント(約0.44円)まで下げられるそうだ。
こうなると6.6億円となるが、200MBでこの程度なのでもう少しどうにかならんのか。
まあ今までのHDDの歴史然り、こういう価格の問題は量産とか技術の進歩によっていずれは解決できるだろうと楽観視している。


スピードという点に関しては化学反応に基づいて決まってしまうため、劇的な進歩は望めないだろう。
そのため、速度を求められる分野での応用は難しそう。
それよりも、高い堅牢性と容量を活かしたアーカイブとかデータベース等への応用が現実的でないかと思う。


この構想が実現してもしなくても、マイクロソフトが未来の技術に投資をしていることを確認できてよかった。
こんなベンチャーみたいなことしてるのに配当金を出している企業はそう居ないだろう。
ホルダーとして応援しているのでこれからも最先端技術を追いかけ続けてほしい。


話は飛ぶが、同様の技術を使ったっぽい2002年にアメリカのMaxygenという製薬会社がDNAの配列情報を音楽ファイルに変換したという話がある。
なぜこんなことをしたかというと、特定のDNA配列に著作権をつけたかったらしい。
そもそもDNAは自然物であり著作権はつけられない。
しかし、それで諦めないのがアメリカ人。
彼らは著作権をつけられる方法を探し、たどり着いた結果が音楽ファイルである。
音楽であればご存じの通り著作権をつけることができる。
ファイルを開いてDNA情報にアクセスした時点で著作権料が発生する仕組みだ。
この動きは各方面から散々な批判を浴びた。
結局この話はどうなったのだろうか?
調べてみたけどよう分らんかった…



だらだらと長くなってしまったが、何が言いたいかっていうとアメリカすげぇ!って話だ。
発想が斬新すぎる。
こいつらだけは絶対に敵に回してはいけない。
むしろ乗っかっていい思いをするほうが得策だろう。


ってな訳で、こんなスゴいアメリカに投資できるのは素晴らしいよねって話。
マイクロソフトがんばれー!(^^)!


終わり。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。