勘と雰囲気で投資するブログ

ブリオンに体を乗っ取られた30代男の暇つぶし投資日記

【実験】楽天スーパーポイントで投資チャレンジ!

前回書いた記事でコメントを色々いただいた。こんなネット界の僻地までご苦労様です。



人とは本当に面白い。


たかだか一個人がドコモから楽天に替えたくらいで、楽天からいくらもらった?とか中華の回し者か?とか。


ちょっと心配になったよ。


日本大丈夫か?


それと、どうやら俺は情弱らしい。まあ別に情弱とよばれてもいいよ。実際そうだし。


英語の決算書読むのにも苦労してるくらいだからな。当然と言えば当然なわけだ。


批判されるってこういう気持ちになるんか。参考になった。正直ゾクゾクしたよ。


あとフォローのコメント入れてくれた人、ありがとよ。


簡単にではあるがアンチ含め全員に返事しとといたぞ。



さて、本題に戻ろうか。


前回の記事はあくまで今回の記事のための布石だったんだ。それがねぇ、、、



まあいいや。実は昨年末から楽天カードに入会、いや入信している。


日々の生活費を楽天カードに一本化してポイントを稼ごうというわけだ。


しかもこの楽天スーパーポイントは1ポイント=1円として投資信託を買い付けられる。


凄いことだよ。マジで。


だってこれポイントの現金化だよね?


他社カードのポイントでこんなにも大っぴらに現金化できるところはあるんかい?


ポイントを使っただけなのに現金を投資したときと同じ効果があるんですよ?


解約すれば日本円で帰ってくるんですよ?


もちろん解約なんて勿体ない事はせず、ひたすら積み立て運用をするつもりだ。


今後30年でどのくらい資産形成に寄与してくれるかな?


ちなみに今年から始めたポイント運用の経過がこちら↓

まだ3,544円だけども、年初だけでこれだけ積み増せれば上等でしょ。


ちょっと減ってるけどまあいい。どうせ長期で見れば増える。そう信じていなければ米国株投資などやっていない。


そういえば年末に楽天カードを使ったらふるさと納税が5%キャッシュバックだったな。


82,000円分寄付したから4,100ポイントキャッシュバックされたわけだ。


そもそもふるさと納税の良さってのは実質2,000円払えばそれ以上の価値の返礼品がもらえるところにるわけだが、楽天カードでポイントキャッシュバックを受ければ2,000円払うどころか+2,100円もらえてしまったのである。


5%の内訳は以下の通り。
楽天会員:+1%
楽天カード:+2%
楽天銀行+楽天カード:+1%
楽天証券:+1%
計:5%


てか、税金の支払いにまでポイントが付く時点で色々ヤバい。


楽天の経営大丈夫か?


リアルに心配になる。



で、なぜ格安スマホに楽天モバイルを選んだのか?


そこには明確な理由がある。


楽天スーパーポイントアップ(SPU)プログラムというのをご存じだろうか。


要は楽天にまつわるサービスを利用することで楽天市場で買い物をしたときにキャッシュバックされるポイントが上がるんだ。


そういえば米国株村界隈でもかなり話題になっていたな。


今追加で狙っているのは楽天ゴールドカードと楽天モバイル、そして楽天市場アプリだ。


楽天モバイル(+2%)に契約して楽天アプリ(+1%)を使いさらにゴールドカード(+2%)切り替えれば合計10%、先述したふるさと納税なら実に8,200ポイントものポイントがキャッシュバックされてたはずだ。うーん、惜しい!ちなみに下の4つはまるで魅力がないな。Kindle、Amazon Primeで十分だ。


楽天ゴールドカードの年会費は2,160円だが、+2%であればふるさと納税一回でほぼ元が取れてしまう(枠は10万ちょいな)。


来年はこの10%でふるさと納税に臨むとするよ。


それと、日用品はすべて楽天市場で購入することにした。


シャンプーやせっけん、コンタクトレンズ(眼科は別途)、ビール、歯磨き粉、コーンフレーク、野菜ジュース、レトルトカレー、弁当用の冷食などなど、必要な量を計算して四半期に一回まとめ買いをする予定。


これらの購入費の10%がポイントとしてキャッシュバックされることになる。


おまけにガソリン代はENEOSか出光で給油すれば1~2%キャッシュバックだ。近所のスタンドは2%なのでひいきにしたい。


さらに普段の支出もできるだけ楽天クレジットカードで済ませる。こちらは一律還元率1%だ。それでももらえるだけありがたい。何といっても電気代やガス代などの公共料金にまでポイントが付与されるのだから。


でも待て待て。


そもそも楽天の商品が割高で、ポイントはまやかしではないのか?


試しに価格ドットコムで調べてみた。全て税込み。


一番高い買い物になりそうなコンタクトレンズで比べてみる。



・JNJのワンデーアキュビュートゥルーアイ(90枚パック×2)


価格com最安値(レンズフリー):6,582円×2パック=13,180円
楽天最安値(クリアコンタクト):2パック入りで10,650円
                ここからポイント分10%引くと9,585円


★ポイントを考慮するまでもなく楽天に一票。


次に、よく使う洗濯用洗剤。



・ボールド1.8倍詰め替え用


価格com最安値(Amazon.co.jp):346円
楽天最安値(楽天ビック):392円 ここからポイント分10%引くと353円


★Amazonの勝ち。しかも、アマゾンプライム会員なら少額だろうが送料無料。


うーん、場合によりけりだなぁ。


くれぐれもポイントのために買い物をすることのないよう注意したい。


年間いくらくらいつみたてられるのだろうか。


いやはや楽しみである。


この辺はキャッシュバックされたポイントとともに定期的に報告するよ。




結論


先にも述べた通り、楽天ポイントで投資信託を購入すればそのポイントは現金と同様の価値をもち、現金に変換することも可能だ。


もちろん積み立てNISAにも使える。


このヤバさが君に分かるかい?ふるさと納税する際にもらったポイントで非課税口座に入金できるんだぞ?なんというか、皮肉だよねぇ。見かねた金融庁が物言いしてきたりして(笑)


ちなみに俺は楽天の回し者ではない。楽天へのリンクなど一つもないだろう?しかもこのブログで広告費を稼ぐことはできない。


つまるところ俺はね、
ただただ事実を述べているだけなんだよ。


やるかやらないかは個人の自由だし、世の中選択肢は色々ある。俺が楽天経済圏を選んだのは、ポイントの還元率と汎用性を見たとき他に対抗できる手段がなかったからだ。しかも、投資信託の購入に使えばこのポイントはそのまま日本円に化ける。さらに、ファンドを厳選し長期で保有すれば高確率で増える。仮に減ってもたかがポイントなので精神的ダメージはハナクソ以下だ。


一つ言えるのは、ごちゃごちゃアンチコメもらっている間も俺はポイントで資産をチマチマと増やしていること。このブログのテーマはあくまで投資なんで。


じゃ。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。