勘と雰囲気で投資するブログ

ブリオンに体を乗っ取られた30代男の暇つぶし投資日記

セルジーン買収劇について

正直何もできない。


賛否両論で今後の展開が読めないからだ。


情報があちらこちらから出てきて正直追いつけていないが、ザックリと状況を整理してみる。まだ分からないことが多いので間違ってたらスマソ。



買収に対する市場の反応


今回の買収に対し懐疑的な意見が多いようだ。


買収額自体は740億ドルだが、CELGの負債も含めると合計で950億ドル規模になる。


さらに、CELGの売り上げの63%を占めるレブラミドは2022年で特許切れを迎え、2025年以降はその影響をモロに受けることが予想される。


この辺は大きなマイナス要素ととらえられているようだ。


一部のアナリストにいたっては、BMYに具体的な目的があるわけではなく何か大きなことをしたかっただけではないかと発言している。


アホか。そんな曖昧な理由でこんな巨額の買収を仕掛けるわけがないだろう。そんなの株主にどう説明するんだ?これだからアナリストの意見はあてにならない。


ちなみにBMYがこの買収を反故にした場合、22億ドルをCELGに支払わなくてはならない。ただ、買収額が額なだけに、場合によってはちゃぶ台返しもあり得るのではないか。
↑ 俺の英語力不足による勘違いだ。すまん。


一方で、CELGの株主に対して今回の買収条件が公正かどうかについても議論の余地があるようだ。


今回BMY側はCELGを1株当たりに53.7%相当(前日の終値66.64ドルに対し102.43ドル)のプレミアをつけた。


しかし、この価格設定に対し安すぎるのではないか?と見る向きもある。


そもそも52週の高値は109.98ドルであり、アナリストによるもっとも高い目標株価が163ドルであることを踏まえれば、この辺の根拠をしっかり洗い、BMYの提示したプレミアが適切かどうか調査すべきである、という理屈はまあ分かる。てか、もしこれで異議があった場合どうなるんだろ?まったく分からん。


何となくCELGホルダー vs BMYホルダーの構図が見えるよね。俺は前者なのでイケイケドンドンだけどBMYホルダーは荒ぶっているに違いない。


個人的な意見


いや、アリでしょう!


CELGはレブラミドの特許切れを控え、BMYは主力のオプジーボがメルクのキイトルーダに押され、思うように売り上げが伸びない。だったらとっとと合併して資金を一か所にまとめて新薬開発に投資しろ!って感じ。


それぞれが持っているパイプラインは魅力的で、特に固形癌、血液癌の治療薬ラインナップがそうそうたる顔ぶれとなり、オンコロジー分野での存在感が確実に増すと思うんだ。


ちなみにEvaluatePharmaによれば、オンコロジー分野の総売上高は今後5年で1,039.88億ドル → 2,329.89億ドルと年率12%で拡大していく見込みであることから、この領域でシェアを勝ち取ることができれば株主に多大な利益をもたらすんじゃないかと期待している。


今後の戦略(俺の妄想)としては、BMYのオプジーボとヤーボイ、CELGのレブラミドとポマリストで当面はやりくりし、近いうちに上市を予定している6剤*でその先の利益を確保する。
*TYK2、ozanimod、luspatercept、liso-cell、bb2121、fedratinib


そしてその利益をPhaseⅢの10種、PhaseⅠ、Ⅱの50種のパイプラインに投資して更なる利益を稼いでくれ!(という願望)


正直、甘めに見積もってもPhaseⅠ、Ⅱの7~8割はⅢに進めないだろうけど…


最後は適当になってしまったがまだ調べ切れていないんだ。ホルダーとして今後じっくり分析していくとするよ。


ちょっと気がかりなのは、多発性骨髄腫のbb2121かな。これってアムジェンのAMG420と競合するんだよね。昨年の血液学会で良好なデータを出してたからなぁ。とはいえAMG420(二重特異性抗体)とbb2121(CAR-T療法)は作用機序が違うし、なんやかんや棲み分けしてくれるとありがたい。


終わりに


それにしても今回の大型買収には驚いた。武田のシャイアー買収もそうだったけど、今後は各社生き残りをかけてM&Aが活発になるのかもしれない。買収されそうなバイオベンチャーを探して投資するってのも面白いかも?


ちょっと投機的だけどVRTXやALXNあたりなんてどうかね。


てか、こんなこと言ってる間に俺の会社が買収されたらウケるな。


ん?フラグ立てちまったか?


まあいいか。じゃ。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。